館長ごあいさつ

私が小学校の低学年の頃、静岡県浜松市で小さな会社を経営していた父が腰を痛め動けなくなりました。
良いと言われた所には全て行き、最後に日赤で手術という事が決まりかけていました。

ある日学校が終わって家に帰ると昼間なのに父は寝ていて、
「ワシはもう歩けないかも知れない」
と言った事が強く記憶に残っています。

そんな折、取引先の方に、
「長野県の上諏訪に丸茂真先生という凄い人がいるから、騙されたと思って行ってみなさい」
と強く勧められたのです。
母は藁をもすがる思いで、歩けない父を連れて上諏訪にある諏訪長生館へ向かいました。
その晩、祖母と留守番していた私のところへ電話がきました。
「お父さん、立つことが出来たよ!」
この母の言葉を聞いた時の喜びは、今でも忘れられません。それから一週間程で父はすっかり良くなり、自分の足で歩いて帰ってきました。

その後、丸茂先生の大信者となった両親は事あるごとに諏訪長生館のお世話になり、低血圧で病弱だった母も信じられない程健康になりました。
薬も機械も一切使わず、徒手だけで患者さんの苦しみを和らげる事ができる。
そして諏訪長生館では、お弟子さんが大勢修行しているという話を聞き、自分も修行してその技術を身につけたいとの強い思いにかられ高校卒業後すぐに入門しました。

あれから40年以上の月日が経ちました。
思いがけず、今は諏訪長生館の2代目として日々施術をさせて頂いています。
父と母を助けてもらった長生療術で、多くの患者さんが本当の意味での健康を取り戻すお手伝いができればと思います。

諏訪長生館 館長丸茂 悦也

創業者 丸茂 眞 略歴

  • 昭和32年
    諏訪市桑原町に本館開業
  • 昭和49年
    千代田区富士見ベルベデー九段503号に九段分館設立(現飯田橋分館)
  • 昭和55年
    諏訪市四賀に本館新築移転
  • 昭和60年
    著書「背中は健康のバロメーター」出版
  • 昭和61年
    〜62年
    現代農業に「背中にふれあい長生療法」連載
  • 昭和68年
    著書「背中に触れて病気を治す」出版
  • 平成4年
    港区六本木インペリアル六本木701号に六本木分館設立
  • 平成7年
    著書「心と体の健康法」出版
  • 平成23年
    松本市笹部に松本分館設立
諏訪長生館設立後、生涯において大勢の患者さんの治療を行い、なかには各界著名人・スポーツ選手等も多数訪れました。また、その傍らで弟子の育成にも尽力し現在80余名の方々が全国で活躍しています。
創業者 丸茂 眞
創業者丸茂 眞